このページの本文へ

ここから本文

プロ直伝!生活のお困りごと解決

電子レンジの掃除はこまめに!おすすめの掃除方法やポイントを解説

電子レンジの掃除はこまめに!おすすめの掃除方法やポイントを解説
キッチン|2022.02.22

食品を温めたり調理したりと、電子レンジは毎日の生活で活躍している家電の一つです。使う頻度が高いだけに汚れが蓄積している場合もあるのではないでしょうか。
 
電子レンジの汚れを溜めたままにしておくと、汚れが落ちにくくなったりするだけでなく、火花や発煙、サビなどの原因になります。電子レンジの汚れは正しい方法でこまめにお掃除することが大切です。
 
本記事では電子レンジの汚れの種類や汚れごとのお掃除方法をご紹介します。

電子レンジの汚れの原因は?

電子レンジの庫内が汚れる原因は、加熱する際に食品に含まれるタンパク質や糖分、油分などが飛び散ることです。
 
電子レンジで食品を温めるときや調理のときに、温度・時間設定によっては食品が破裂して庫内全体に飛び散ることがあります。明らかに食品が飛び散った際にはその場で庫内をお掃除しても、少々の飛び散り程度ではついついそのままにしてしまっていることが多いのではないかと思います。
 
これらの汚れはすぐにお掃除すれば簡単に落とせますが、そのままの状態にしていると、電子レンジを使う度に汚れが温められてその後冷える、というサイクルを繰り返します。これを繰り返すことで頑固な汚れへと発展し、簡単には落とせなくなってしまうのです。
 
他にも電子レンジを使うときに発生した水蒸気が固まってできた水アカや、食品を温める際にこぼれ落ちたカスなども汚れの原因になります。

電子レンジの汚れは使うたびにこまめに拭くのが理想

電子レンジの庫内に汚れがついた状態で使い続けるのは、さまざまな問題を引き起こしかねません。電子レンジの庫内に飛び散った汚れに雑菌が繁殖した場合、電子レンジから異臭が発生することがあり、食品に雑菌が付いてしまう可能性もあります。使用中に庫内に食品が飛び散ってしまった場合は、その都度お掃除をしましょう。
 
汚れが付着したまま加熱を繰り返すとで汚れが焦げ付いたり発煙・発火する可能性があり、電子レンジの故障につながりかねません。
 
こうした事態を防ぐため、電子レンジはこまめなお掃除が必要です。使う度に汚れを拭くのが理想ですが、難しい場合は週に1回はお掃除するように心がけましょう。

電子レンジをお掃除する方法

電子レンジの庫内の汚れは、かたく絞った柔らかい布でふき、汚れがひどいときはうすめた台所用中性洗剤を使いましょう。
庫内底面(セラミック部)や角皿(セラミック製)に付着した汚れの場合は、液体(クリーム)クレンザーを少量つけてこすり落としてください。
 
汚れが焼きついてしまった場合は、以下の通りお掃除してください。
 
1.ラップを丸める。
2.液体(クリーム)クレンザーを少量つけて、こすり落とす。
3.ぬれふきんで、液体クレンザーをふき取る。
4.それでも汚れが落ちないときは、ナイロンたわし(研磨剤入り)に水をつけて、こすり落とす。
 
※ただし、液体クレンザーはセラミック部のみに使う。(ゴム部や本体塗装面に使うと、傷がつくので注意しましょう)

電子レンジのニオイが気になる場合

電子レンジのニオイが気になる場合は、機種によっては脱臭機能を使うことができます。
脱臭機能はヒーターの高温でにおいをやわらげることができます。詳しい脱臭機能の使い方は付属の取扱説明書をご確認ください。

落としたい汚れ・悩み お手入れ方法
使用後の汚れ かたく絞った柔らかい布でふく
ひどい汚れ うすめた台所用中性洗剤を使う
庫内底面(セラミック部)の焼きついた汚れ 液体(クリーム)クレンザーを使う
ニオイ 脱臭機能を使う

電子レンジの外側も忘れずにお掃除しましょう!

電子レンジのお掃除は庫内だけではなく、外側も忘れずに行いましょう。電子レンジには通風口がついており、電子レンジのあたため機能を正常に行うためには欠かせないものです。
 
通風口がついている場所は電子レンジの横や後ろなど、メーカーや機種によって異なりますが、通風口にホコリや汚れがたまっていると空気のスムーズな流れが妨げられるため、機能の低下にもつながります。
 
電子レンジの通風口のホコリや取っ手、ボタンなどの汚れをお掃除するにはマイクロファイバークロスがおすすめです。マイクロファイバーの極細繊維がホコリなどを絡め取ってくれます。
 
電子レンジの外側に頑固な汚れがついている場合は、かたく絞った柔らかい布でふきましょう。汚れがなかなか落ちない場合はうすめた台所用中性洗剤を使ってから、必ず洗剤をよくふき取ってください。

まとめ:電子レンジはこまめなお手入れを

電子レンジの庫内の汚れは、かたく絞った柔らかい布でふき、汚れがひどいときは、うすめた台所用中性洗剤を使い、庫内底面(セラミック製)の汚れは、液体(クリーム)クレンザーを少量つけて、こすり落としましょう。
 
汚れたまま使用すると火花が出たり、発煙・発火・サビの原因になりますのでこまめにお手入れをしてください。
 
また、庫内だけでなく電子レンジの外側も忘れずにお掃除することが大切です。電子レンジの外側は軽い汚れやホコリなどはマイクロファイバークロスを使いましょう。

くらトク編集担当

この記事を書いた人

くらトク編集担当

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter

この記事へのコメント

関連記事