このページの本文へ

ここから本文

プロ直伝!生活のお困りごと解決

家事を楽に!料理・掃除・洗濯を時短するコツや手間を省くオススメの家電を紹介

家事を楽に!料理・掃除・洗濯を時短するコツや手間を省くオススメの家電を紹介
料理|2023.05.29

料理・掃除・洗濯と、家事にかける時間を減らしたい方は多いのではないでしょうか。家事を効率化するには手間をいかに省くかが重要です。
 
本記事では、料理・掃除・洗濯の時短テクニックと、手間を省くオススメ家電をご紹介します。

家事のコツは賢く手間を省くことにあり!

毎日の家事でいつも100点を目指していては、いくら時間があっても足りません。そこで、日々の家事で心がけたいのが手間を省く工夫です。手を抜くのではなく、家電で代替できる手間などを省くことにより、時間だけでなく、心の余裕も生まれます。
 
日々の家事で疲れ果てているならやり方を見直し、手間を省けるところはどんどん効率化しましょう。ここでは、料理・掃除・洗濯の3つのパートに分けて、時短方法と手間を削減する家電をご紹介します。

【料理】を時短するコツ

料理
お料理の時短では、食材の購入から食器洗いまでポイントがあります。また、お料理を作る際は、先に同じ処理をまとめて行うとよいでしょう。

先に献立を決める

毎回の夕食作りに頭を悩ませているなら、先に1週間分の献立を決めてしまうのもひとつの方法です。献立を決めておけば安売りの食材を買って腐らせることも防げ、時短だけでなく、節約にもつながります。

買い物はネットスーパーを活用する

お店で買い物をすれば、食材を選んだり会計で並んだりと、何かと時間がかかってしまいます。ネットスーパーであれば必要な食材を画面上で確認し、購入後は自宅まで配達してもらえて手間がかかりません。
 
金額は購入中に確認できるため衝動買いを防ぐ上でも役立ちます。買い物に使っていた時間は別の家事に充てられる点もメリットです。

食材の下ごしらえはまとめてする

野菜はまとめてカットして冷凍したり、肉類は使う大きさに分けて下味をつけて冷凍したりなど、下ごしらえをある程度まとめて終わらせておくと、すぐにお料理が作れます。また、まな板や包丁を洗う手間も省けます。

カット済み野菜やミールキットを使う

食材の下処理の手間も省きたいなら、カット済みの野菜や肉を使うのもオススメです。また、カット済みの食材と調味料が含まれた“ミールキット”を活用すれば、下処理の手間を省きつつ出来立てのお料理をすぐに用意できます。

万能調味料を使う

調味料を計量して味をつけるお料理では、分量を確認する・計量する・計量した容器を洗うなど、複数の手間が生じます。そのため、焼肉のタレや麺つゆ、ポン酢など、味が決まっている調味料を活用してお料理しましょう。
 

また、複雑な味付けのお料理は調味料が初めから混ざっている“合わせ調味料”を使うとよいでしょう。

電子レンジ・オーブンを活用する

根菜類など火が通るまで時間のかかる食材は、電子レンジで加熱してから調理をはじめましょう。また、時間のかかる煮物は圧力なべを使う、コンロと並行してオーブンで調理するなど、家電を活用すれば同時に複数の調理ができるため時短につながります。

お弁当のおかずは冷凍や常備菜を活用

お弁当のおかずはまとめて作って冷凍しておくと、朝は詰めるだけで用意できます。また、冷蔵庫の常備菜を活用するなど、あるものを使って作るとよいでしょう。

ワンプレートや丼で洗い物削減

食事は小皿で出すと洗い物が増えてしまいます。大皿やワンプレートなど、主菜と副菜、どちらも乗せられる食器を活用しましょう。また、丼を活用しても洗い物を減らせます。

テイクアウトも上手に取り入れる

お料理の時短では、すべて自分で作ろうとせず、適度にテイクアウトを活用するのもポイントです。とくに、副菜類は、使う材料が多かったり、煮込むなど調理に時間がかかったりするため、購入したほうが効率的なケースもあります。
 
手作りにこだわらなくても、テイクアウトや缶詰、冷凍食品などの出来合いの品を使えば、栄養バランスも取りつつ時短できます。

料理の手間を省くオススメの家電

食器洗い乾燥機
自動調理鍋のように火を使わずに調理ができる家電を使えば、食材を入れてタイマーをセットするだけでお料理ができます。また、面倒な食器洗いは食器洗い乾燥機を使って手間を省くのがオススメです。

自動調理鍋

自動調理鍋を使えばキッチンにつきっきりにならなくても、お料理を作れる点がメリットです。
 
また、予約機能のある機種であれば、食材と調味料を入れるだけで、指定した時間にお料理が完成します。さらに保温機能があれば出来立ての温度を保てて便利です。
 
なお、メイン料理だけでなく、味噌汁やスープの調理も自動でできるため、カットした野菜と調味料を入れておくだけで簡単に一品出来上がります。

電気圧力鍋

電気圧力鍋のように電気と圧力の力で調理できる家電を使えば、煮込み料理や蒸し料理の時短調理が可能です。

オーブンレンジ

オーブンレンジとは、オーブンと電子レンジ、両方の機能を備えた家電です。オーブンレンジを使えば、冷凍食材の解凍や、野菜の加熱のような電子レンジの機能だけでなく、焼く・蒸すといったオーブンの機能も活用できます。
 
調理方法も簡単で、オーブンレンジを予熱した後、耐熱容器に食材を並べてセットし、所定の時間加熱すれば完成です。ピザやグラタンだけでなく、肉や魚などのメインの調理もできるため、コンロと併用すれば一気にお料理を進められます。

食器洗い乾燥機

食後の皿洗いの手間を省きたいなら、食器洗い乾燥機を活用しましょう。最近ではビルトイン式や卓上(据置)式だけでなく、タンク式など種類も豊富です。
 
また、工事不要のタイプも多く家庭向けだけでなく、一人暮らし用もあるため、誰でも食器洗いの手間から解放されます。
 
また、食器洗い乾燥機の場合、手洗いと比べて汚れ落ちもよく、節水効果が高い点もメリットです。乾燥だけでも運転できるので、手洗いした後、面倒な食器拭きは食器洗い乾燥機にまかせることもできます。
 
時短や念入りなど、コースを使い分ければ、より家事を快適にできるでしょう。

【掃除】を時短するコツ

ZUBAQ掃除イメージ01
お掃除の手間を省くコツは、汚れが溜まる前に処理することです。水アカでも油汚れでも、時間が経つほど頑固になり、お掃除が億劫になってしまいます。毎日ササっと汚れを落とせば、ちゃんとしたお掃除の時間も回数も減らせます。

掃除する場所の近くに道具を置く

お掃除する場所と掃除道具置き場が離れていると、お掃除が億劫になってしまいます。床の近くにフローリングワイパーを置く、カーペット付近に粘着シートを収納するなど、「キレイにしたい!」と思ったとき、すぐに取り出せる位置に掃除道具をしまいましょう。

簡単に掃除できるアイテムを用意する

掃除道具は時短できるアイテムも多く開発されています。たとえば、シートタイプのトイレクリーナーや、スプレーするだけでお風呂の汚れが落ちる洗剤など、少しでも時短につながりそうなアイテムは試してみましょう。
 
また、掃除道具も使いやすい物を準備するとはかどります。ただし、道具を細分化しすぎるとかえってお掃除が面倒になることもあるため、使いやすいものに絞るのがポイントです。

ついで掃除で汚れを溜めない

お掃除は時間をかけて一生懸命やるのではなく、何かのついでにサッと終わらせましょう。

  • キッチンはお料理した後、コンロやシンク、排水口を軽くお掃除する
  • 便器は一日の終わりに使ったとき、サッと拭き掃除をする
  • 洗面所は歯磨きが終わったらお掃除する
  • お風呂に入りながら壁や床をお掃除する
  • 床は気が向いたときにモップをかける

以上のように、何かのついでに軽くお掃除しておくと、油汚れがこびりついたり、カビが発生したりせず、楽にキレイにできます。また、ついで掃除を習慣化しておくと、きちんとお掃除するときも簡単にキレイになるので時短になります。

曜日で掃除する場所を決める

月曜日は浴室、火曜日はキッチンなど、お掃除する場所を曜日で決めてしまうのもオススメです。お掃除を習慣化できれば、面倒と思っても体が動くようになり、汚れが溜まる前に処理できます。

床に物を置かない

掃除機がけやモップがけを楽にするコツは、床に物を置かないことです。床の物を片付けなければいけないと考えるだけで、お掃除のハードルは上がってしまいます。
 
床に置く必要があるときは、車輪のある収納にしまうなど、楽に動かせるように工夫しましょう。

水回りは浮かす収納

水回りで使うものは、床や棚などに直接置くと、その部分にぬめりが発生しやすくお掃除のハードルが上がってしまいます。
 
風呂桶やシャンプーボトル、コップ、スポンジなど、水回りで使うものは極力浮かせて収納するようにしましょう。これだけで汚れが付着する部分が減るため、水回りのお掃除を時短できます。

物を増やさない

部屋に物が多いとお掃除に時間がかかるだけでなく、生活スペースも圧迫してしまいます。また、持っている物を把握しないと同じものを買ってしまうなど、無駄も生まれてしまいます。
 
お掃除を効率よく進めるためにも、定期的に要る物と要らない物に分類し、不用品は処分しましょう。また、要るものは使いやすく整えることも大切です。物が適切に管理されていれば、ゴミも減るため、お掃除がしやすくなります。

掃除の手間を省くオススメの家電

ZUBAQ掃除イメージ02
日々のお掃除を楽にするためにも、掃除機は使いやすいものを購入しましょう。また、ロボット掃除機は吸引のみのタイプや、水拭きとカラ拭きに対応しているタイプなどがあるため、家庭の状況に合わせて検討するとよいでしょう。

ハンディクリーナー

ハンディクリーナーとは、小型の手持ち掃除機のことで、主にテーブルの上やソファのすきま、キーボードの間などのお掃除に役立ちます。通常の掃除機と比べ小回りが利き、細かな部分もキレイにできます。
 
ハンディクリーナーでコードレスタイプのものを用意すれば、室内のホコリだけでなく、車内のお掃除も簡単にすることができます。

コードレス掃除機

コードレス掃除機とは充電式バッテリーにより、コンセントに電源コードを差し込むことなく使える掃除機です。テーブルの脚にコードが引っかかりコンセントから抜けることもないので、ストレスなく掃除機がけができます。
 
ホコリが気になったらスイッチ1つですぐにお掃除ができるので、ついで掃除にもうってつけです。
 
なお、コードレス掃除機に多いスティッククリーナーはハンディクリーナーとしても使えるモデルがあります。お掃除を時短したいなら、複数の機能を備えた掃除機を選んでもよいでしょう。

ロボット掃除機

外出中や家事の合間に掃除機がけを終わらせたいなら、ロボット掃除機の活用がオススメです。設定をすれば後は自動でお掃除できるだけでなく、スマートフォンから操作できるモデルなら、外出中にロボット掃除機を起動させることもできます。
 
なお、ロボット掃除機は以下のようにお掃除方法により3つのタイプに分かれます。

  • 吸引タイプ
  • 吸引+水拭きタイプ
  • 水拭き+から拭きタイプ

「吸引タイプ」のロボット掃除機では、文字通り掃除機機能のみを搭載しています。部屋の間取りに合わせてお掃除するものや、ゴミ捨てを自動で行うものなど、機能や価格も多彩なため、導入しやすいタイプです。
 
「吸引+水拭きタイプ」では、掃除機がけだけでなく、床の水拭きも可能です。掃除場所を指定できたり、床を見分けてお掃除したりするため、カーペットを水拭きする心配もありません。
 
フローリングの面積が大きいなら、「水拭き+から拭き」タイプのロボット掃除機がオススメです。から拭きで事前に髪の毛やホコリをキャッチし、その後の水拭きで付着した汚れもしっかり拭き取るため、床掃除の手間を削減できます。
 
市販のクリーニングシートに対応しているモデルを使えば、水拭きモップを洗う必要もありません。

【洗濯】を時短するコツ

洗濯もの干す
洗濯物は細かい分類をしない、乾いたらハンガーのまま収納するなど、洗うときだけでなく、その後の収納方法を工夫するとお洗濯の時短につながります。

細かい分類をせずに洗濯する

洗濯物の分類は、おしゃれ着とそれ以外など、洗濯方法の違いによる分類だけにすると、洗う前の工程を削減できます。衣類や下着、タオル、など、通常コースで洗えるものはまとめて洗ってしまいましょう。

裏返しの衣類はそのまま洗う

ズボンや靴下など、脱いだときに裏返しになった物も、直さずにそのまま洗いましょう。裏返っていても洗うときに問題はなく、乾いた後に直せば形は整います。

汚れが少ない物は時短コースで洗濯

洗濯機は汚れや衣類に合わせてコースを選べます。衣類の汚れが少ないなら、洗濯時間の短い「時短コース」を使うとよいでしょう。
 
また、時短コース用の洗剤を使えば、すすぎ残しやニオイなどの問題も解決できます。出社前など、急いで洗濯を終わらせたいときにもオススメです。

すすぎ1回の洗剤を使う

通常、洗濯機ではすすぎ(1回目)→脱水→すすぎ(2回目)→脱水と、すすぎが2回に設定されています。これは、すすぎを2回行うことで、汚れや洗剤の残りなどを落とすためです。
 
しかし、すすぎ1回に対応している洗濯洗剤を使えば、上記の2回目のすすぎの省略が可能です。なお、2回目のすすぎを省きたいときは、事前に洗濯機の設定が必要なため注意しましょう。

部屋干しで干しっぱなしにする

外干しはカラっと洗濯物が乾いてよいものの、お洗濯する日が天候に左右され、取り込む手間もかかります。室内に物干しスタンドを設置し部屋干しにすれば、天気や時間を気にせずお洗濯できるので効率的です。
 
なお、部屋干しは乾くまで時間がかかるとニオイが発生してしまいますが、除湿機やサーキュレーターなどを使い、素早く乾燥させればニオイの発生を防げます。

乾いた衣類は各自で取り込む

乾いた洗濯物は誰かが畳んで家族の収納場所にしまうのではなく、各自で回収するなど分担するのも良いですね。これで、一人にかかる家事負担を軽減できます。
 
もし、物干しスタンドから回収しないなら、乾いた洗濯物を各自の部屋に戻し、畳む作業はそれぞれに任せましょう。

洗濯物はハンガーにかけて収納する

洗濯物を畳む手間を省きたいなら、ハンガーのままクローゼットに収納しましょう。とくに洋服は畳むよりもシワができず、探しやすいなどのメリットも生まれます。一度に複数本かけられるズボンハンガーなどもあるため、収納スペースの削減にも効果的です。

アイロン不要の衣類を選ぶ

お洗濯が終わった後のアイロンがけも、時間がかかる家事のひとつです。アイロンがけの工程を省くためにも、シワになりにくい、またはシワがついても目立たない素材の衣類を揃えるのがオススメです。
 
たとえば、シャツ類は形態安定タイプを選ぶ、洋服はポリエステル、ナイロン、ウールなどを選ぶとよいでしょう。また、ワッシャー加工のように、あえてシワを活かす加工を施したシャツを使うのもひとつの方法です。

ワイシャツはクリーニングに出す

少しの汚れやシワも残したくないワイシャツ類は、自宅でお洗濯するのをやめて、まとめてクリーニングに出すのも時短する方法です。クリーニングといっても、ワイシャツであれば1枚数百円程度でお洗濯からアイロンがけまで仕上げてもらえます。
 
最近では、自宅まで衣類の集配をしてくれる宅配クリーニングサービスも登場しているため、衣類の持ち込みと回収・洗濯・アイロンがけの時短も可能です。

洗濯の手間を省くオススメの家電

お洗濯の手間を省くためには、乾燥機能付きの洗濯機や衣類乾燥除湿機など、洗濯物を素早く乾かせる家電の活用がオススメです。また、布団乾燥機があれば、天候に左右されず布団の乾燥もできます。

洗濯乾燥機

洗濯機に乾燥機の機能が付いた洗濯乾燥機なら、洗い終わった洗濯物の乾燥まで一気に行なえます。洗濯物を干して取り込む手間がなくなるだけでなく、生乾きのニオイを防止できる点もメリットです。
 
なお、洗濯機とは別に衣類乾燥機能のみの製品もあるため、後付けも可能です。

衣類乾燥除湿機

生乾きのニオイを防いで部屋干ししたいなら、衣類乾燥除湿機を活用してみましょう。通常の部屋干しよりも乾燥する時間が速くなるため、お洗濯の回数を増やすことも可能です。
 
また、衣類をピンポイントで乾燥させる機能のある製品なら、朝洗ったお子さんの体操着をその日に持たせるなど、短時間での乾燥が可能です。

衣類スチーマー

衣類スチーマーとは、蒸気の力で衣類のシワを伸ばす家電です。ハンガーにかけたまま手軽に使えるので、アイロン台を出す手間を省けます。また、蒸気の力を使うので、直接アイロンをかけるのが難しいニットやシルクなどの手入れも可能です。
 
また、シワ伸ばしだけでなく衣類の消臭や除菌もでき、起動も早く本体も軽いため、朝の忙しい時間でもサッと使えます。

布団乾燥機

布団乾燥機

布団の乾燥は天気のよい日にしかできませんが、布団乾燥機があれば一年中布団をしっかり乾かしてカビやダニの発生を防止できます。また、洗濯竿に布団を干す手間もかかりません。
 
なお、布団乾燥機は、ダニ退治や靴・衣類・押入れの乾燥など、布団の乾燥以外にも利用できます。雨の日や湿度の高い季節には重宝するでしょう。

時短には家事代行もオススメ!家事代行で変わることとは?

いくら時短できるとはいえ、たまには手を抜きたくなることもありますよね。毎日の家事を休んで息抜きしたいときは、家事代行サービスも活用してみましょう。
 
家事代行サービスでは家事の専門家にお掃除やお料理を任せられるので、お掃除をしたいのに忙しくてできない、部屋の中が散らかっていて落ち着かない、疲れていてお料理をする気力が無い、などの家事ストレスを軽減できます。
 
また、家事の専門家から効率的なお掃除や整理整頓の方法を学べるので、自身の家事の無駄も認識できます。一度、部屋がキレイになれば、その状態をキープしようと、お掃除のモチベーションアップにもつながります。また、お料理の方法を学ぶことで、次回ご自身でお料理する際のヒントが得られるかもしれません。

まとめ:家事を時短するコツは、完璧を目指さず手間を省くこと

毎日の家事で完璧を目指していると、疲れやイライラが溜まってしまいます。そのため、家事ではある程度またはそれなりくらいを目標にして、手間を省いて効率よく進めましょう。
 
なお、家事の時短や効率化では、便利な家電の活用がオススメです。家電に家事を任せることで、精神的・肉体的負担の軽減にも役立ちます。
 
さらに、家事をする気力も体力もないときは、家事代行サービスの活用をオススメします。

くらトク編集担当

この記事を書いた人

くらトク編集担当

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter

この記事へのコメント

関連記事